”あなたの「氏名」には「使命」が隠されている!”

こんにちは!
ちょいはぴクリエイター・いのうえ ちかこです♪

氏名は使命。
この話はよく聞いて、自分の名前の漢字も何度か調べた事があって、でもまたこの内容が気になるならまた調べてみようと思って調べました。
成り立ちから考えると、矢・口・于、すべて神様への祈りに使う道具を意味する。そこから「神様に誓いをたてる=(神に通じて)物事を悟る」
賢さ、学ぶ事、好奇心旺盛などなど。智を活用する事で人をまとめる事ができる。
外見だけでなく、心も整っているという事。他よりも優れて評価される=センスの良さ。
美しさと一緒にセンスの良さやユーモアなど、「内から発する豊かさ」を表現できる。
初めから終わりまで。
もともと位の高い男性の名前につけられてたところから、高貴・上品という意味合いも。
…調べれば調べるほど、たいそうな名前だなぁと感じてしまう。
頭も良くない、美人でもない、途中で投げ出す事も多々ある。
自分の事をこんな風に思っていて自己否定がものすごく強かったけど、名前は自分が生まれる前に選んできてるわけだから、もっと学んだり、心を整えていこうかなと。
あと、苗字の井上。
何となく調べた印象だと、自分で場を整える、みたいな意味になるかなー?と。旧姓は福田なんだけど、こっちは与えられた豊かな土地って感じで、そこでぬくぬくと育ってきたって印象。
与えらてたものから、自分で作っていくものへの変化。そんな感じ。

Source: カラフル☆じぶんいろ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です